レンズを絵筆に、光を絵具に

写真やレンズの話をメインに紹介するブログ

レンズ前面のゴミはどう写る?:無限遠を前ボケに

前回は、玉ボケのゴミの原因の一つは、レンズ前面にあるゴミと紹介しました。

 

しかし、レンズ前面にあるゴミが、本当に玉ボケの中に写り込むのでしょうか。そのあたり実際に確認してみました。

 

また、応用として、無限遠からの太陽光を前ボケにする方法についても紹介します。なにもいいことはありませんが(笑)。

そもそも、前ボケとは、ボケを作る光源がピントの合う位置の「前」にあるということ。無限遠が前にあるとは、いったいどういうことなのでしょう。

 

 

 
前ボケと後ろボケを区別してみる:写り込みが違います
無限遠からの太陽光を前ボケに: オーバーインティニティを利用して

 

 

関連  トピックス一覧
1回5400円なり、イメージセンサーのクリーニング
絞るとはっきりするのはなぜ?:イメージセンサーのゴミ 
絞り開放ながら写る:玉ボケのゴミはどこから?
レンズ前面のゴミはどう写る?:無限遠を前ボケに

 

レンズ前面のゴミはどう写る?

位置関係をはっきりさせるため、ゴミに加えてハートマークも描いてみました。

 

ハートマークを描いてみると

レンズ前面に、いくつかのゴミとにハートマークを書いたガラス板をおいて、遠くの点光源を撮ってみます。

レンズは、トリオプラン( New Trioplan f2.8/100)で、開放での撮影です。

 

下のように、玉ボケにハートマークなどが写りこんでいます。一番右のはっきりしない玉ボケにもぼんやりと見えます。

後ろボケなので、ファインダーから見たガラスのハートマークなどと、撮影した玉ボケのハートマークの位置関係は同じです。

 

f:id:Paradisia:20190925185113j:plain

 

書いた模様はレンズ直径の半分ほどのサイズです。実際は、ほぼ全面に拡大されて現れています。また、模様を動かすと、その位置によっては、レンズ前面にあっても、玉ボケには現れません。

これは、前回も説明したように、レンズ全面に入る光が玉ボケとなっているわけではないからです。

 

前ボケと後ろボケを区別してみる

前回、前ボケと後ろボケでは、写ったボケの上下左右反対になると説明しました。この関係を利用すると、前ボケと後ろボケを区別することができます。

 

写真は、例年より遅く咲いた今年のヒガンバナです。玉ボケの中に、シベの影が見えます。

これは、レンズ前にあるシベでしょう。レンズの前面に物があると、ゴミのように玉ボケの中に写り込む場合があります。

 

後ろボケ

白い矢印で示した玉ボケは、シベ先の位置関係が映像のシベと同じ向き(上下左右反転していない)なので、前に説明したように、これは後ろボケ(後方にある水滴の玉ボケ)ですね。

f:id:Paradisia:20191003112014j:plain


前ボケ

一方、下の写真の白い矢印あたりの玉ボケは、シベ先の位置関係が上下左右反転しています。なので、こちらは前ボケ(前方にある水滴の玉ボケ)でしょう。

f:id:Paradisia:20191003112111j:plain

 

無限遠からの太陽光を前ボケに

通常、水面で反射する太陽光の玉ボケを撮ると、後ろボケとなります。それは、太陽は無限遠にあり、常に一番後ろにあることになるからです。

 

ここで紹介するのは、その太陽光のボケを、前ボケとして撮る方法です。ボケの中に写り込むものが上下左右反対になります。

 

撮影場所は、アサザが繁茂し、太陽光が水面で反射する水辺です(左)。

レンズ(マクロ90mm、 SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS )の前に小さなカタバミの花を置いています。その位置関係は、写真(右)のとおり、左下から上へ、です。

f:id:Paradisia:20191009160241j:plain
f:id:Paradisia:20191009160252j:plain



通常の後ろボケ

後ろボケなので、ボケの中の花は上と同じ位置関係です。なお、このレンズの玉ボケは真円とはならず、多角形気味ですね。

 

トリミングはありません。花の写り込んでいない玉ボケもあります。ピーキング(ピントの合っている位置の輪郭が光る)機能で、光っている花もありました。

f:id:Paradisia:20191009160618j:plain

玉ボケの中のカタバミの花は下から上へと咲いています。

 

無限遠の太陽光を前ボケに

次も上と同じところを撮っています。しかし、写り込んだカタバミの花は、上下左右反転しています。これは、前ボケの位置関係ですね。

 
なぜ、無限遠からの太陽光が前ボケになるのか。それは、レンズのオーバーインフィニティを利用し、無限遠の位置を超えてピントリングをまわしているためです。
 
オーバーインフィニティについては、レンズを繰り出す:レンズの基礎(3)を。
 

f:id:Paradisia:20191009160832j:plain

玉ボケの中のカタバミの花は、上下左右が反転し、上から下へと咲いています。

 

 

オーバーインフィニティの玉ボケ(前ボケ)
 
オーバーインフィニティの場合に、玉ボケが前ボケの位置関係になることの説明です。
 
無限遠の点光源にピントを合わせると、イメージセンサーで結像します。
 
そして、下の図に示すように、無限遠の位置を超えてピントリングを回したオーバーインフィニティの場合、レンズユニット(レンズや絞り)は奥へ(図では右へ)動き、結像位置はイメージセンサーを超えます。
 
点光源の光は、イメージセンサー上で玉ボケとなりますが、点光源の位置は、合焦位置の「前」に移動することになるので、「前」ボケの位置関係になるわけです。
 
 
 

f:id:Paradisia:20191011114136j:plain
合焦位置は無限遠の点光源の奥になりますが、無限遠を超えることはありえず、実際は合焦位置の存在しない、どこにもピントが合っていない写真になります。

 

 

最後に

今回のシリーズ、ゴミがテーマなので、ゴミが入った写真が必要です。しかし、そんな写真はほとんど保存されていませんでした。

 

まあ当然なんでしょうが、そういうダメなのは現像段階で選択し、削除してしまっているのです。

今後の参考のためにも、特に目立つような失敗作は残しておいたほうが良さそうです(笑)。