あの夏も空も花も

写真やレンズの話を紹介するブログ

芯を残すぼかし方:ライトルーム

今夜は、撮影した写真をソフトな感じにする話です。

現像ソフトのライトルームを使うと、とても簡単に、ピントが合った芯の部分はそのままで、その他の部分をソフトにぼかせるんです。

 

 
3種類のぼかし方:光学式とデジタル式レタッチ。
秀逸なライトルーム:ピントがあったところはそのままで。
河津桜の例:芯はしっかり。
どういう時に便利か:瞳はそのままで肌をソフトに。

 

3種類のぼかし方

最近のレンズは、クリアで解像度の高い写真が撮れるよう、開発が進められてはいますが、時にはソフトな写真も撮ってみたくなります。

そんな場合、大別して、次の3つの方法が考えられます。

 1)ソフトフィルターを使う

 2)ソフトフォーカスレンズを使う

 3)現像ソフトを使う

 

ソフトフィルターは手っ取り早いのですが、当然ながら、全体が同じようなソフト感になります。また、ソフトフォーカスレンズは、レンズの種類にもよりますが、ソフト感以外にもいろんな個性が出せます。

しかし、これらは光学的な対応で、撮る時の話なので、当然ながら後からソフト感の追加や修正はできません。

一方、現像ソフトは、普通の写真に後から加工できるというメリットがあります。

 

秀逸なライトルーム

フォトショップではどのようにでも修正はできるのですが、ぼかす範囲を選定したりする手間がかかります。また、境界をうまく処理しないと、違和感のある写真になってしまいます。

一方、写真の現像ソフトであるライトルーム(Lightroom Classic CC)の明瞭度を使うと、とても簡単に、ソフトにぼかせます。しかも、ピントが合った芯の部分はそのまま

なんです。

本来、部分的にコントラストを調整することで、被写体の輪郭(エッジ)の硬さを調整しているようですが、ピントの芯や解像度はかなり維持されるのです。

まさに、写真好きが気に入りそうなぼかし方ですね。

 

ライトルームでのぼかしの例

今回の例は、差をわかりやすくするため、強めにぼかしています。

 

次の写真で、上はぼかす前の雀の学校。チュンチュン、冬でも元気でした。

下は、ライトルームで、ぼかした写真です。RAWファイルの現像で、明瞭度のスライダーを左に移動し、-80に下げています。最大値は-100です。

冬の時期のふっくらした雀を「ふくら雀」というのですが、羽毛の質感などに、ふっくら感がでていますね。鉄柱の粗い質感も滑らかになっています。

 

f:id:Paradisia:20190319191254j:plain

ほかす前

 

f:id:Paradisia:20190319191403j:plain

ぼかした後


全体がボケているようですが、よく見ると、ピントの合っている芯の部分はほとんど変化がありません。下は、右から2番めの雀の拡大図。右がぼかした場合です。

ピントの合っている部分までボケているわけではありません。

 

f:id:Paradisia:20190319191447j:plain
f:id:Paradisia:20190319191506j:plain
ぼかす前  ぼかした後


 

 

 

河津桜の例

次は河津桜の例。これも、差をわかりやすくするため強めにぼかし、右は明瞭度をー60にしています。花びらの重なり合う影が淡くなり、全体として花びらがやわらかくなっていますね。

 

f:id:Paradisia:20190319192631j:plain
f:id:Paradisia:20190319192648j:plain
ぼかす前   ぼかした後



下は、花の部分の拡大図。右は明瞭度をー60にした写真。ピントが合っているシベの部分、色は淡くなっていますが、ボケているわけではありません。

 

f:id:Paradisia:20190319192728j:plain
f:id:Paradisia:20190319192742j:plain
ぼかす前   ぼかした後

 

どういう時に便利か

こういうの、どういう時に便利かと言うと、瞳の輝きはそのままで女性や子供の肌をやわらかくしたい時とか、まわりの花が少なくてぼかしてボリューム感を出したい時とか、花が終わってみすぼらしい時にぼかしてごまかす時・・など、ですね。

ただ、レンズ本来の特性を逸脱するほどきつくぼかすと、修正したことがわかりますし、違和感がでてきます。

また、レンズやフィルターという光学的な処理ではなくて、デジタル的なレタッチですから、補正の範囲なのか加工なのか、写真コンテストに応募する際には注意が必要ですね。

 

 

Adobe Creative Cloud フォトプラン

(Photoshop+Lightroom) with 1TB

アドビの「Photoshop」と「Lightroom」が使えるオンラインコード版(定額制サービス)です。コードを入力すればすぐ使えます。アプリの買い取りシステムはなくなりました。その分、アップデートが無料で、新機能がすぐに使えます。表示しているのは、利用期間が1年のタイプです。2年、3年版もあります。クラウド容量は1テラで、MacとWindowsの両方に対応し、2台まで利用できます。

なお、アドベのサイトには、それぞれのアプリの無料体験版や、私が利用しているフォトプラン(「Photoshop」+「Lightroom」+ クラウド容量20GBで、月額 980円)などががあります。