あの夏も空も花も

写真やレンズの話を紹介するブログ

どんよりの日、改造レンズとライトルームの「かすみ除去」

おはようございます♪

昨日は、雨上がりのどんよりした日、晴れ間が見えて庭に出ると陰り、戻ると晴れる、そんな意地悪な感じの雲でした。

 

我が家の河津桜も満開になり、葉っぱがでてきました。

しかし、ソフトな仕上がりになる改造レンズで撮ったので、どんより感が倍増(笑)。現像ソフトでなんとかしてみました。

 

キヤノンとミノルタの合体レンズ

レンズは、キヤノンの50mm(CANON FD 50mm F1.8)の前玉を、ミノルタの55mm( MINOLTA AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 )に変えたもの。
発案者の方では、CaMi-ArtLens.Ver1(略称CaMi-Art1)、又は Canolta とも呼ばれてます。参考:Bokeh Art Lens の種類について

 

全体としてソフトな感じになります。開放で前ボケは溶けてますが、ピントを合わせたシベのあたりは意外とシャープですね。

 

f:id:Paradisia:20190316122542j:plain

 

ライトルームの「かすみ除去」 

雨上がりで曇っていたためなのか、全体として、どんよりかすんだ感じに。

で、以下の写真からは、現像ソフト、ライトルーム(Lightroom Classic CC)の「かすみ除去」を使ってみました。以前使っていた Lightroom (5.71)にはなかった新しい機能です。

スライダを軽く右に動かすだけで、クリアになります。彩度が強くなるので、「自然な彩度」は落とし気味に。

あまりさわるとレンズ本来の個性が無くなりそうですが、ボケた感じは変わりませんね。

 

葉っぱが出てきましたが、まだツボミもあります。

f:id:Paradisia:20190316124415j:plain

 

 

桜色には緑が似合います。背景は少しぐるりと。

 

f:id:Paradisia:20190316115106j:plain

 

 

時々のぞいた青空。

f:id:Paradisia:20190316115138j:plain