レンズを絵筆に、光を絵具に

写真やレンズの話をメインに紹介するブログ

シャボン玉ボケだけでない復刻レンズ:New Trioplan

今回紹介するのは、新しいトリオプラン(New Trioplan f2.8/100)です。1916年に発売された「Meyer-Optik-Goerlitz Trioplan f2.8/100」の復刻版レンズですね。
 
立体的なシャボン玉ボケが特徴なんですが、あまりキラキラしない、優しい描写も私好みです。
 

 

関連:レンズを絵筆に、光を絵具に:保有レンズ一覧 

 

99年ぶりの復活

独特のボケに興味があったのですが、当時は、旧レンズがなかなかオークションサイトに出回りませんでした。

そして、2015年夏に、ドイツのMeyer Optik Görlitz(メイヤーオプティックゴルリッツ)が、クラウドファンディングで資金を集め、現在のガラス技術で復元しました。 

たまたま、復活を知り、2015年11月に予約し、2016年1月に入手しました。出資期限は過ぎていましたが、安く買えラッキーでした。

新レンズの登場で、旧レンズがオークションサイトに出回っているようです。   

 

シャボン玉ボケ

シャボン玉ボケ(Soap Bubble Bokeh)といって、立体的に浮き上がって見えるのは、シャボン玉の輪郭に光が強く集まるリングボケと呼ばれる現象のためとされています。

レンズの球面収差を過剰に補正することで発生するとされています。 復刻版は、ガラスの違いで、以前より高コントラストでよりシャープさの増した映りだそうですが、古いレンズを持っていないので、比較できません。 

 

▲ TOPに戻る ▲

 

主な仕様など

レンズ名称:New Trioplan f2.8/100
発売日:2016年2月
レンズ構成:3群3枚
本体:アルミニウム製で、カラーはブラック
絞り羽根:15枚
フィルター径:52mm
マウント:SONY Eマウント、ニコン Fマウント など、
私はあえてニコンFマウントを選び、ヘリコイドアダプターをつけています。
最大撮影倍率:0.5
最短撮影距離:1m
質量:380g
 

 

参考:Meyer Optik Görlitz 

 

ヘリコイドマウントアダプターを介して、α7RII への装着です。レンズ先端にはメタルフードをつけています。どちらかというと細長いレンズですね。

f:id:Paradisia:20190408090325j:plain

New Trioplan f2.8/100

 

シリアルナンバーは、「0/089」です。クラウドファンディング・バージョンのようです。

f:id:Paradisia:20190910154255j:plain

 

撮影例(1):シャボン玉ボケ

全て開放F2.8での撮影です。たぶん、このレンズでは絞った記憶がありません(笑)。大別して、次の3つの種類のシャボン玉ボケが出現します。

 

■のっぺりしたタイプ :平面的な玉ボケ

■芯のあるタイプ:平面的で、中央に芯(明るい部分)がある玉ボケ

■立体的なタイプ:芯があり、玉ボケにグラデーションがかかり球形に近い立体的な玉ボケ

 

■のっぺりしたタイプ

エッジは効いていますが、どちらかというと平面的な玉ボケ。

f:id:Paradisia:20190408074354j:plain

海辺

波立つ水面など、強い点光源があれば、容易に玉ボケがでてきます。

f:id:Paradisia:20190410143510j:plain

ヒガンバナ

神は細部に宿る・・・といいますが、細かい部分まで、小さな小さなバブルがついています。

f:id:Paradisia:20190408074423j:plain

朝露

 

■芯のあるタイプ

玉ボケの中心に芯のあるボケです。

f:id:Paradisia:20190410143640j:plain

環水公園

これも芯が♪

f:id:Paradisia:20190408074325j:plain

語り合うハスの葉

 

■立体的なタイプ

夏から晩秋にかけて咲く朝顔、ヘブンリーブルーの鮮やかなブルー。下の方は、球に近い立体的な玉ボケ。

f:id:Paradisia:20190408074526j:plain

ヘブンリーブルー

下の方、拡大してみました。中央に芯があり球のような立体的なボケですね。

f:id:Paradisia:20190408074553j:plain

ヘブンリーブルー(拡大)

 

▲ TOPに戻る ▲

 

撮影例(2):やわらかい表現

木漏れ日の下、風にそよぐカッコウセンソウ(郭公仙翁)。実は、こういう写真のほうが好みですね。玉ボケキラキラ、たくさん見てると疲れます(笑)。 

f:id:Paradisia:20190408074625j:plain

カッコウセンソウ

風薫る季節の藤の花。背景がこの頃の鯉のぼりのウロコのよう♪

f:id:Paradisia:20190408074652j:plain

藤の花

 

ヒガンバナというより曼珠沙華、という妖艶さ。最短撮影距離が1mと長いので、接写リングで迫っています。

f:id:Paradisia:20190408074446j:plain

曼珠沙華

 ソフトに仕上げています。

f:id:Paradisia:20190410143752j:plain

うららかな冬の日

こういう季節に、こういう木の下で、のんびり・・・が最高ですね。 多分、ティルトマウントを使っています。

f:id:Paradisia:20190408074725j:plain

セイヨウサンザシ ポールズ・スカーレット

  

▲ TOPに戻る ▲