あの夏も空も花も

写真やレンズの話を紹介するブログ

投稿写真の情報を削除する方法

Facebookでは、投稿した写真の投稿日時などの情報が自動的に消去されるので、うっかりしてました。はてなブログでは、消えないんですね。

撮影した写真や動画には、Exifといった撮影の基本情報の他、GPS機能があれば位置情報も記録されます。位置情報だけでなく、カメラやスマホの機種名や撮影日時は、人と場合によっては、プライベートな情報になりそうです。仕事中に彼女のスマホで撮った桜を投稿した場合とか(笑)。

また、ライトルームで編集した場合、説明文やキーワードなども書き込まれます。削除しないで投稿すると、はてなブログでは記録されるので、変な情報は書き込めません。。。

 

写真に書き込まれた情報を確認する方法と、それを削除する方法についてまとめてみました。

 

 
 写真ファイルに書き込まれる情報:ライトルームで書き込んだ情報も
 はてなブログで消されるのは位置情報のみ:投稿日時などは残ります
 情報の確認方法:右クリックで簡単に
 情報を削除する方法:右クリックか、ライトルームの書き込み時に

 

写真ファイルに書き込まれる情報

■基本情報と位置情報

デジタルカメラだけでなく、スマホで撮影した写真ファイルにも、撮影日やカメラの機種、絞りやシャッタースピード(露出時間)などの基本情報(Exif情報)が書き込まれます。また、GPS機能があれば、位置情報も書き込まれます。これらをまとめてメタデータと呼ぶ場合もあります。

なので、そのままメールやブログ、SNSにアップロードすると、情報が漏れる場合があるので注意が必要です。

 

■ライトルームで書き込んだ情報

また、編集ソフトのライトルーム(Light Room Classic)で編集した場合、以下のような情報も書き込まれます。左が書き込まれる情報の項目で、右がその元となるライトルームの項目です。

 
 タイトル:タイトルから
 件名:説明から
 評価:レーティングから
 タグ:キーワードから
 コメント:(どの情報からは不明)
 作成者:作成者から
 プログラム名:Adobe Photoshop Light Room Classic 8.2...
 著作権:著作権情報から

 

はてなブログで消されるのは位置情報のみ

ただし、Facebook、Twitter、Instagram などのSNSでは、投稿時にそれらの情報(メタデータ)は自動的に削除されます。

はてなブログでは、位置情報は削除されますが、その他の情報は書き込まれるので注意が必要です。

はてな開発ブログ(2015/6)によると、写真のメタデータをもとに、はてなフォトライフで、公開フォルダの写真を機種別に掲載しているため、とあります。

はてなでも、消去か残すか、選択できる設定があればいいのですが。

 

情報の確認方法

まず、写真にいったいどんな情報が書き込まれているのか、確認しておいたほうがいいでしょう。投稿した写真の場合は、その写真で右クリックして一旦PCに保存し、確認します。

 

記録されている情報の確認方法(Win PCの場合)は、

 1)写真ファイルを右クリックして、「プロパティ(R)」をクリックします。

 2)「詳細」をクリックして、記録情報を確認します。

 

情報を削除する方法

次にそれらの情報を削除する方法です。個別のソフトウェアやアプリを使う方法もありますが、次の方法が簡単です。なお、投稿済みの写真の情報は消せないので、再投稿するしかありません。

 

■写真ファイルでの操作

確認する場合と同様に、

 1)写真ファイルを右クリックして、「プロパティ(R)」をクリックします。

 2)「詳細」をクリックします。

 3)一番下にある「プロパティや個人情報を削除」をクリックします。

 4)「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成(C)」か、「このファイルから次のプロパティを削除(R)」を選びます。後者の場合は、削除したい項目を選択し、削除します。

複数のファイルの情報をまとめて削除する場合には、「Ctrl」キーを押しながらファイルをクリックして複数ファイルを選択し、上記の操作を行います。

 

ファイル情報は意外と役立つので残しておきたいもの。なので、投稿ファイルについて「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成(C)」し、コピーを投稿した後はそれを削除するのが便利でしょうね。

また、以上の操作でも、絞りやシャッタースピード、焦点距離などは削除できません。下の画像を御覧ください。

 

■ライトルームでの書き出し時

ライトルームを使っている場合、書き出す時に、▼メタデータ/次を含める、で著作権情報のみを選択して保存します。

下の画像で示すように、ほとんどの情報が削除できます。

この書き出し情報をユーザープリセットとして記憶させておくと便利です。すでに書き出しプリセットがある場合は、そのプリセットで右クリックし、「現在の状態で更新」をクリックします。

 

  

写真は、大寒桜。たいした情報はないのですが、このファイルの情報はライトルームの書き込み時に消去しています。

f:id:Paradisia:20190403084757j:plain

大寒桜


 

実際の上の写真ファイル情報のプロパティ/詳細を以下に示しています。プロパティは長いので、何枚かの画像を結合しています。

ファイルの右クリックで削除できるのはピンク色の項目で、左下にある赤い矢印で示したところをクッリクします。右クリックでは、カメラ情報の一部は消去できていませんね。

緑の部分がライトルームの書き出し時に削除できる部分です。

 

f:id:Paradisia:20190403181844j:plain

プロパティ/詳細情報

削除前は、ライトルームで、タイトルなどにいろいろと(笑)。ちなみに、画像解像度が 900dpi になっていますが、ライトルームで高めに入力した値で意味はありません。そもそも、dpi は、画素数をモニターや印刷時の縦・横の長さで割った値であって、画像そのものの緻密さを表す値ではありません。例えば、私のPCモニター(FullHD・1920x1080、21.5インチ)では、縦・横とも102dpi 程度ですが、このままディスプレイが大きくなると、当然 dpi は下がります。 

 

まとめ

位置情報については、はてなブログやSNSでは、写真投稿時に削除されるので、注意するのはメールへの添付ぐらいですね。

位置情報以外のデータは、SNSでは投稿時に自動的に削除されますが、はてなブログでは記録されます。また、ライトルームの編集段階で書き込んだ情報も残ります。なので、気になる人はあらかじめ削除したほうが良さそうですね。はてなブログ側で投稿時に削除か残すかを選択できる設定だといいのですが。