あの夏も空も花も

写真やレンズの話を紹介するブログ

フルサイズで手ぶれ補正:α7II

たいていは2本のレンズを使うので、フィールドでのレンズ交換は面倒なのと、センサーが汚れやすくなるので、フルサイズの2台めとして、2016年10月に購入しました。
 
なんと言っても、マニュアル撮影が多いので、ボディ内の手ぶれ補正はありがたいですね。もちろん、オールドレンズには、手ぶれ補正なんてありませんから。
 
最近は、レンズ内手ブレ補正機能のあるマクロレンズ( FE 90mm F2.8 Macro G OSS)とセットで使う機会が多いかなと。
新しいレンズで、そのぶん、どこにでもあるような、植物図鑑的で説明調の写真が多くなりますが(笑)。
 
 
 
関連プログ記事
 フルサイズで手ぶれ補正:α7II
 
 
 
 
 

5軸手ぶれ補正

 α7Rと比較すると、画素数は劣りますが、ネットに投稿する程度としては十分すぎます。
 
また、連続撮影速度が少しですが上がったのはいいですね。最高約5コマ/秒です。ピント合わせに迷うとき、少し動かしながら高速シャッターで連続撮影し、たまたま合っているのを選びます(笑)。 
 
 

主な仕様とか

 
発売時期:2014年12月5日、5軸ボディ内手ブレ補正搭載
有効画素数:約2430万画素
記録画素数(縦横比3:2)35mmフルサイズ時 Lサイズ: 6400 x 4000(24M)
シャッター速度範囲:静止画撮影時:1/8000-30秒、バルブ
手ぶれ補正機能:イメージセンサーシフト方式5軸補正
連続撮影速度:最高約5コマ/秒  
質量(g)(本体のみ):約556g
その他:モバイルバッテリーをつないでいる間は撮影ができません。α7RIIになると改良され、撮影できます。
 
 
参考:α7II(SONY)
 

  撮影例

 下は、ブルーのサルビア、ボケは噴水です。2016年の10月、氷見のあいやまガーデンで。 レンズは、New Trioplan f2.8/100です。
 
はじめの頃は、現像ソフト(ライトルーム)が、α7IIのRAWファイル形式が読み込めず。。変換ソフトで苦労しました。なので、この写真のオリジナルファイルはdngという拡張子です。
たしか、ライトルームのバージョンアップで問題なく読み込めるようになりましたが。

f:id:Paradisia:20190223120349j:plain

ブルーのサルビア
 
 
次は、ランの花(パフィオペディルム・マジックランタン)。
レンズは、マクロレンズの SONY FE 90mm Macro f2.8。レンズ内手ぶれ補正(光学式手ブレ補正機能搭載)と合わせると、最強の組合わせかと、このレンズとの組み合わせで使う機会が多くなりました。

f:id:Paradisia:20190224200224j:plain

ランの花
 
 そして、いろんな色が混ざった紅葉シーン。このクリアな雰囲気は、CONTAX Planar T*85mm F1.4 AEGですね。

f:id:Paradisia:20190223122816j:plain

色とりどりの

 

11月のコスモス。このとろけ方は、 SPEEDMASTER 50mm F0.95。

 

f:id:Paradisia:20190224193857j:plain

コスモス2輪

下は草についた朝露。トリオプラン( New Trioplan f2.8/100)で、細部まで細かな玉ボケがついています。

 

f:id:Paradisia:20190224194220j:plain

朝露