あの夏も空も花も

写真やレンズの話を紹介するブログ

ロシアのオールドレンズ、ヘリオス44-2

今回のレンズ紹介は、ヘリオス(HELIOS-44M 2/58)です。1958年(昭和33年)から生産されているレンズですが、令和の時代になり、昭和も遠くなりました(笑)。
 
背後のグルグルボケが有名で、安価で比較的手に入りやすいので、オールドレンズファンには有名なレンズですね。
グルグルでなく普通に撮っても味のあるレンズです。神楽坂で撮ったスナップがありますが、渋い発色が、ヘリオスによく似合う裏通りでした。
 
 
ロシアレンズ:今でも売られています。
主な仕様:ヤフオクでゲット。
撮影例:グルグルな例とか。
雨の神楽坂:渋い発色が似合います。

 

   HELIOS-44M 2/58 58mm F2(カテゴリー)
 

f:id:Paradisia:20190319064759j:plain

ヘリオス 44-2

フチ子のサイズからもわかるように、比較的小型なレンズです。

 

ロシアレンズ

ギリシャ神話の太陽の神の無であるヘリオス、そのHELIOS-44シリーズはロシアが1958年から生産を続けている焦点距離58mmの単焦点レンズです。44-XのX部分には、いくつかの数字があって、仕様が異なります。
 
ドイツのカールツァイスビオター(Carl Zeiss Biotar) 58/2のコピーレンズとして作られました。
 
アマゾンでも販売されています。デッドストックのようですね。
 
 

主な仕様など

レンズ名称:HELIOS-44-2 
焦点距離:58mm
絞り値:F2 - F16
フィルター径:49mm
最短撮影距離:0.7m
マウント:M42、スクリュー式のマウントです。
絞り羽根:8枚
レンズコーティング:単層コーティング
その他:2014年10月にヤフオクで買いました。送料込みで、6000円ほどでした。
1984年製のBiotar型です。最短撮影距離(0.7m)が長いので、ヘリコイドアダプターを使うといいでしょう。

撮影例

基本的に全て絞り開放で撮っています。
 

f:id:Paradisia:20190329121320j:plain

駿河桜

手前の枝は「駿河桜」。背景の大木、桜の花がぐるぐるしてます。2018年4月の撮影です。

 

f:id:Paradisia:20190329120933j:plain

晴れの日の雨宿
「雨宿」という白が美しい桜です。背景が少しぐるりとしています。2018年4月の撮影。
 
 

f:id:Paradisia:20190329121610j:plain

雨の内川べり

あいにくの雨で、しっとりと落ち着いた感じになりました。2014年11月の撮影です。

 

 

f:id:Paradisia:20190329123722j:plain

新湊大橋

雨上がり、水たまりに写った新湊大橋の鉄塔です。
 

 

f:id:Paradisia:20190329121749j:plain

小菊

野に咲いていた小さな菊のような花。2015年10月の秋でした。

 

 

てくてくと雨の神楽坂

グルグルボケが有名ですが、普通に撮っても味のあるレンズです。
2014年10月に訪れた神楽坂、あいにくの雨でしたが、裏通りのしっとりした感じに、渋い発色が似合いますね。
 

f:id:Paradisia:20190329122010j:plain

神楽坂スナップ
ピントの合っているところは、意外とシャープです。
 
 
f:id:Paradisia:20190329122127j:plain
f:id:Paradisia:20190329122111j:plain
神楽坂の石畳

飯田橋からのごちゃごちゃした商店街の坂道を登って、ふと裏通りに入ると、情緒ある街並みが。雨も石畳も似合いますね。

f:id:Paradisia:20190329122309j:plain

旅館「和可菜」

ひっそりと「兵庫横丁」に佇む旅館「和可菜」。 多くの物書きの人たちが滞在した"ホン書き旅館"として有名です。 一年間も滞在し、表札を出した方がいいのではという人もいたそうな。
 
 
f:id:Paradisia:20190329122525j:plain
f:id:Paradisia:20190329122507j:plain
神楽坂スナップ

地下のお店とか、かわいい看板とか。中に入れば、もっと雰囲気のいい景色や素晴らしいおもてなしが待っていそうです。

 

 

雲が消えた:ライトルームの「かすみ除去」

こんばんは♪ 今日の昼前、太陽の周りに輪がみえましたね。内暈(にちうん)とその外側の外暈(がいうん)の一部です。

空に浮かぶ小さな氷の粒に太陽の光が反射して見える現象ですね。県内では、環水平アークも見られたようです。

 

内暈と外暈

太陽の周りの輪が内暈で、その外側の外暈の一部が、下の方、山の上に虹のようになって見えます。外暈は、うっすらですが全部が見えることもありました。しかし、フィッシュアイでも全体が入りませんでした。

 

桜が終わった朝日町の舟川べりで、午前10時43分に。

f:id:Paradisia:20190428182626j:plain

 

内暈(にちうん、ひがさ)

太陽の周りを囲むように見える輪のことで、太陽から視半径22度で見えます。長い六角柱の氷晶(鉛筆型氷晶とも)が、水平にならずばらばら(ランダム)になったときに現れます。

外暈(がいうん、そとかさ)

内暈の外側に見える輪のことで、太陽から視半径46度で見えることから、46度ハロともいいます。肉眼で見えるのは非常に稀とされています。内暈と同じく、長い六角柱の氷晶が、水平にならずばらばらになったときに現れます。

参考 空の輝き:空と太陽に係る現象

 

こちらは、午前10時20分、朝日町で。外暈は右下にうっすらと。

f:id:Paradisia:20190428182938j:plain

 
 

 

ライトルームのかすみ除去

実は、上の写真、現像ソフト、ライトルーム(Lightroom Classic CC)の「かすみ除去」を使ってみました。どんよりの日、改造レンズとライトルームの「かすみ除去」でも紹介しましたが、今回はよりその効果が印象的です。

 

下の写真は、左から、「かすみ除去」0%、50%。そして、上の写真と同じ100%(最大)です。どんよりと曇っていた空から雲が消え青空になり、何より内暈がくっきりしましたね。その他の調整は同じなので、下にある背景は暗くなっています。

ちなみに、この効果は、「コントラスト」や「明瞭度」、「自然な彩度」や「彩度」、「ハイライト」や「シャドウ」などの調整では、不可能でした。

f:id:Paradisia:20190428184552j:plain
f:id:Paradisia:20190428184603j:plain
f:id:Paradisia:20190428182938j:plain
左から「かすみ除去」が 0%、50%、100%


 最初の写真でも同様に比較してみました。

f:id:Paradisia:20190428192325j:plain
f:id:Paradisia:20190428192337j:plain
f:id:Paradisia:20190428182626j:plain
左から「かすみ除去」0%、50%、100%

 

上の例で、ヒストグラムの変化を見てみましょう。上から「かすみ除去」0%、50%、100%です。ヒストグラムは、RGB各色とその混色の輝度分布です。

「かすみ除去」を大きくすると、分布全体が左に引っ張られ、特に100%では、右端にへばりついていた分布(真っ白な空)が解消されています。そして、G(グリーン)とB(ブルー)の混合色である水色の分布(空の青)が自然な分布の山になっています。白い部分が減って水色が増えたことが100%の場合の、白飛びの雲が消えた空の色なんでしょう。菜の花の黄色の分布もなだらかになっていますが、空の印象が強いのか、ほとんどわかりませんね。

 

今日は見た目でも、+0%の写真のように曇っていたので、露出をうまく合わせても+100%のような青空が出なかったかもしれません。

もっとも分厚い雲を消して青空を出すことはできないでしょう。内暈や外暈の原因となる細かい氷の粒が反射して全体が白い雲に見え、たまたま「かすみ除去」で除去される「かすみ」に相当し、うまく消せたのかもしれません。

 

f:id:Paradisia:20190428191447j:plain

上から「かすみ除去」0%、50%、100%

 

 

Adobe Creative Cloud フォトプラン

(Photoshop+Lightroom) with 1TB

アドビの「Photoshop」と「Lightroom」が使えるオンラインコード版(定額制サービス)です。コードを入力すればすぐ使えます。アプリの買い取りシステムはなくなりました。その分、アップデートが無料で、新機能がすぐに使えます。表示しているのは、利用期間が1年のタイプです。2年、3年版もあります。クラウド容量は1テラで、MacとWindowsの両方に対応し、2台まで利用できます。

なお、アドベのサイトには、それぞれのアプリの無料体験版や、私が利用しているフォトプラン(「Photoshop」+「Lightroom」+ クラウド容量20GBで、月額 980円)などががあります。

 

 

 

RAWはスッピン:デジカメの画像処理(3)

今回のシリーズ、基本的なことについて書きましたが、特に意外だったのは以下の点ですね。

 

・イメージセンサーは、色を感じないこと
・緑を感じる画素が他の色の2倍あること
・撮影時には、記録画素数が実質4分の1になること
・SONY α7シリーズ では、RAWデータも、画像処理エンジンで処理されていること
・SONYのα7シリーズでは、RAWデータも、JPEGと同じ方法で補間処理(色情報を追加)されていること

 

そして、一番意外だったのが、カメラメーカーのサイトの情報が、ほとんど役に立たなかったこと(笑)。初心者向けのパンフレットそのままの感じです。もちろん、内部技術は出さなくてもいいのですが、せめて基本的な部分は、もう少し突っ込んだ解説がほしいですね。補間処理の件も、わざわざメーカーに確認しましたし。

でないと、カメラがどんどん進歩する一方で、内部でどういう処理がされているのか、ブラックボックスになってしまいます。なお、古くから使われていることもあるのでしょう、レンズに関しては、いろいろと情報が豊富です。

 

 
画像処理エンジンで映像ファイルに:メーカーの腕の見せ所
JPEGの画像圧縮:特に高周波成分を
RAW記録とRAW幻想:最終的にはJPEGに
まとめ:RAWは現像が前提

 

関 連
意外に奥が深い:デジカメの画像処理(1)
色を感じないイメージセンサー:デジカメの画像処理(2)
RAWはスッピン:デジカメの画像処理(3)

 

f:id:Paradisia:20190411143256j:plain

1回めでも紹介したアナログからデジタルへの変換処理の流れです。今回は画像処理からファイルの書き込みまで。

 

画像処理エンジンで映像ファイルに

電気自動車の時代に「エンジン」とは古い名前ですが、画像処理システムのことです。

カメラメーカー各社によって違います。SONY のα7RIIでは、画像処理エンジン「BIONZ X」とよんでおり、システム(フロントエンドLSI)とともにイメージセンサーからの情報を高速処理するだけでなく、さまざまな処理により高画質を実現しています。名前が同じでも、カメラの機種によって、処理スピードなどが異なります。

JPEG記録では、イメージセンサーからのデジタル信号に、カメラ側で設定したホワイトバランスなどの情報を加え、画像として組み立てます。Exifデータや液晶画面表示用の画像も含まれます。

 

画像処理はRAWデータにも

一般的に、RAWファイル出力では、A-D変換されたデジタル信号をそのまま出力するとされていますが、SONYのα7シリーズでは、画像処理エンジンの処理はRAWファイルに対しても行われています。下は、SONY:α7RIIの特徴から。

 

f:id:Paradisia:20190411081303j:plain

SONYα7シリーズの画像処理エンジン:BIONZ X

イメージセンサー内でAD変換された14bitのデジタル信号を一度16bit処理してから、RAW画像に14bit出力することで、より豊かな階調表現と高画質を実現します。

 

他のメーカーのミラーレスの画像処理エンジンは以下の通りですが、RAWファイルにも処理を行っているかどうかは不明です。

 

CANON EOS-R:DIGIC 8

NIKON Z6/7:EXPEED 6

 

JPEGの画像圧縮

JPEGファイルもRAWファイルも電子データです。デジタル信号とか画像ファイルとかと区別しても、JPEGファイルが汎用性のあるソフトで見ることができるだけの話で、所詮、いずれも、0と1からなるデジタルデータです。

その本質的な違いは、画像圧縮にあります。

 

JPEGファイルでは、画像情報の一部を削除し不可逆的に圧縮します。JPEGの色情報は1つの画素に各色8ビット(合計24ビット)しかありません。1つの色につき14ビット程度の精度があるイメージセンサーから受け取った情報を大幅に切り捨てるのです。

 

f:id:Paradisia:20190411185112j:plain

 

JPEGファイルのイメージ。最終的に画像情報は圧縮され、一つの画素に、RGBそれぞれ8bit(合計24bit)の色情報が保存されます。通常のディスプレイと同じく、一つの画素で全ての色を表現することができます。

 

JPEGという名前は、静止画の画像圧縮の方式を標準化したグループの名称(Joint Photographic cording Experts Group)です。

詳細は省きますが、一般的に、「人間の目は画像の低い周波数成分には敏感だが、高い周波数成分にはあまり敏感ではない」という特徴をうまく利用して、高周波成分を減らすことで、画像の見ためをできるだけ変えずに、データ量を削減します。

したがって、特に、線画やイラストのように、明暗の輪郭がシャープに表現されている場合、圧縮による劣化が目立ちます。いわゆるモスキート・ノイズが生じます。

 

 

RAW記録とRAW現像

■RAW記録

RAW記録では、イメージセンサーからのデジタル信号をそのままか、SONYのように画像処理エンジンで処理し、Exifデータや液晶画面表示用の画像(仮の現像映像)を追加して記録されます。

RAWファイルは、汎用性のある画像ファイルではないので、処理をしないと見ることはできません。画像になる前なので、フィルムの現像前に似ています。

 

■RAW現像

RAW現像では、イメージセンサーからのデータに対し、ソフトウェアでホワイトバランス、コントラストなどの画質調整を施します。最終的には、ファイル圧縮しJPEGなどの画像ファイルとして出力します。

カメラメーカーがカメラ内でやっている処理を自分でやるだけです。写真に応じた対応が可能になります。

RAWファイルは、現像処理することが前提のデータです。例えれば、化粧していないスッピン状態ですね。

ですから、RAWファイル自体や現像しない撮ったままの写真は、現像の余地を残しどちらかというと地味で、化粧(現像処理)するから美しいのです。

その意味では、カメラ内のピクチャーエフェクトなどの画像処理で仕上げるJPEGのほうが美しい場合があります。

なお、現像ソフトでは、RAWファイルそのものを修正しているわけではありません。そもそも、現像ソフトでは、修正はできないのです。 

 

コントテストなどで、写真の修正が問題になることがありますが、RAWファイルは修正できないのですから、入賞作品について、RAWファイルを提出するようにすれば、現像なのか修正なのか、確認できると思うのですが。

 

まとめ

デジカメの写真、JPEGファイルはファイルサイズも小さく、簡単ですが、仕上がりはカメラにお任せです。

一方、RAWファイルは、編集されることが前提のほとんどスッピンのファイル。手間がかかりますが、その分、おきまりの画像処理によるJPEGより、自分好みにできるのです。

また、SONYのα7シリーズの場合ですが、RAWデータに対しても画像エンジン処理や補間処理が行われており、RAWだから全くの生のデータというわけではないのです。多少は、薄化粧している感じでしょうか(笑)。